らぴゅたった

解像度が低いエコー機械でも…

心エコー。左室流入速波形。パルスドプラ法。E/A。E波とA波。

左室流入速波形 E/A

 

🍀心エコーしてる人なら誰でも計測するであろうこの波形(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧いよいよここまで来ましたね!では勉強会へ🍀🍀

 

 

10月13日(水)21時~

左室流入速波形(left ventricular inflow velocity pattern:LVIF)

 

拡張期に開放した僧房弁の先端にサンプルボリュームを置き、

E波(拡張早期波)とA波(心房収縮期波)を得ることで

左室の拡張能を評価する重要な指標を得ることができます。

 

【パルスドプラ法は特定の部位の血流速度を知りたい際に使用】

‡ ➝ サンプルボリューム内を通過する血流の速度を測定することができる。

①機械にあるPWのボタンをおす。

②〓 サンプルボリュームの幅を4~5㎜に設定し、拡張期に開放した僧房弁の先端レベルに置く。

f:id:Rapyutatta:20211020162203j:plain

左室流入速波形




心電図のT波の後に出る上向きの波形がE波で、左室が血液を取り込む波形を反映し(拡張早期)

 

心電図のP波の時に出る上向きの波形がA波となり、左房が血液を押し出す時の波形となります(心房収縮期)

 

サンプルボリュームの位置が適切な位置より左室側にあるとE波が高くなり、

左房側にあるとA波が高くなり計測値に誤差が出てきます。

角度は測定したい血流に対して平行になるようにする。斜めになると過小評価となります。

 

波形にノイズや毛羽立ちがないように注意。ゲインの調整やサンプルボリュームを適切な場所に移動するなど工夫する。

 

5chamber viewになってるとAo側の流速も拾ってしまうので注意。

 

 

 

f:id:Rapyutatta:20211009083831j:plain

左室流入速波形

OK

 




f:id:Rapyutatta:20211011154331j:image

 

OK

 

 


f:id:Rapyutatta:20211011154339j:image

OK

 

 


f:id:Rapyutatta:20211011154352j:image

OK

波形のほうのゲインをもう少し上げるとよい

 


f:id:Rapyutatta:20211011154406j:image

OK

 


f:id:Rapyutatta:20211011195134j:image

OK

 

 


f:id:Rapyutatta:20211011205657j:image

波形にノイズがある

毛羽立ちは測定しないように

サンプルボリュームが弁から離れているので、もう少し弁に近づける。

血流方向とドプラビームに角度がついてるので、流入波形のドプラ血流と平行になるようにする。

🍀先生からの補足🍀

E/Aが1以上ならば弛緩障害は無いか、中等度以上の弛緩障害があります。他の手法で弛緩障害がありそうならば、バルサルバ負荷を掛けながら、E/Aを記録する。A波とE波の関係が変わらなければ弛緩障害はない。E波よりA波が高くなるようならば、中等度以上の弛緩障害を示唆します。

Mモードでの左室後壁の動きが収縮時のようにゆっくりならば、Dectが長くなります。正常値は本によって違いますが、大体160〜230msです。コンプライアンスの低下が疑われます。更にA波の幅は140ms以下。長いようならば、左房負荷が伺えます。左房圧は左室拡張末期圧と一致します。

拡張能は弛緩障害が最大。左房圧(左室拡張末期圧)。コンプライアンスの低下で評価します。

 

 

🍀画像の提出ありがとうございました🍀

次回は10月27日(水)21時~ です。

組織ドプラE/e´ と TRの計測の写真をお願いします(•ᵕᴗᵕ•)

 

 

 

勉強会で使用していた教科書はこちら⇩

心臓超音波テキスト 第3版

 

 

[http://心臓超音波テキスト 第3版]

 

 

 

www.rapyutatta.me