らぴゅたった

解像度が低いエコー機械でも…

心エコー。肺動脈弁逆流(PR)。肺動脈弁逆流速波形から得られる情報。

11月10日(水)21時~

 

肺動脈弁

大動脈弁と同様に半月弁で3つの弁尖からなります🍀

 

経胸壁心エコーで、いつもチラッと見えてるのは左尖です🍀

 

という事で、今日は肺動脈弁逆流速波形の計測についてです🍀よろしくお願いします(๑•̀ •́)و✧

 

肺動脈弁逆流

健常者でもかなりの頻度で見られる。

ほとんどが二次性(僧房弁膜症・左心不全・肺性心など)弁に異常はなく弁輪拡大によるもの。

一般的には三尖が接合する中央部に見られるが、偏心性に大動脈に寄った場所から生じることもある。拡張期のみに見られる。

 

肺動脈弁自体に異常があるものとして、感染性心内膜炎・肺動脈弁狭窄症・ファロー四徴症術後・リウマチ性などが原因となる。

 

 

 

肺動脈弁逆流速波形

 

CWのボタンを押す🐣

肺動脈弁逆流にあてる🐣

肺動脈弁逆流の連続波ドプラ波形を得る🐣

 

 

PR流速波形の拡張早期の流速平均肺動脈圧を反映し、

拡張末期の流速肺動脈楔入圧(左室拡張末期圧)を反映する。

 

f:id:Rapyutatta:20211109110932j:plain

肺動脈弁逆流速波形

PRのジェット方向とCWのラインが平行になってないので平行になるようにする。

 

 

 


f:id:Rapyutatta:20211109171319j:image

OK

 

 


f:id:Rapyutatta:20211109171332j:image

OK

 


f:id:Rapyutatta:20211109171343j:image

OK

 

 


f:id:Rapyutatta:20211110104304j:image

OK

 

 

 

 

f:id:Rapyutatta:20211122141048j:plain

肺動脈弁逆流波形

 

肺動脈弁逆流速波形より

最大血流速度(左側の上)を計測して、推定右房圧を加え、平均肺動脈圧を推定。

23㎜Hgより高いと肺高血圧症(PH:Pulmonary Hypertension)。

20㎜Hg以上で心不全になる人がいるので20~25㎜Hgをグレーゾーンに。

 

※参考値(正常値)平均肺動脈圧:10~20㎜Hg

 

 

拡張末期肺動脈逆流速度(右側の上)を計測して、推定右房圧を加え、拡張期肺動脈圧≒左室拡張末期圧 を推定。

15㎜Hgより高いと左室拡張末期圧が上昇している。

➡前負荷がかかっている。拡張不全がある(拡張能が低下している):E/e´の上昇

10~15㎜Hgはグレーゾーン。

 

※参考値(正常値)左室拡張末期圧:5~12㎜Hg

なので推定右房圧が15㎜Hgなら、プラスしなくても上昇していることになります。

 

f:id:Rapyutatta:20211112171342j:plain

 

左室拡張末期圧

平均左房圧【僧房弁狭窄がなければ】

肺動脈楔入圧(せつにゅうあつ)

肺動脈拡張末期圧【肺血管抵抗が低くければ】

 

 

注)波形の拡張末期(②)近くでノッチ(凹み)を形成することがあるのでノッチ後のピークを計測する。

ノッチ(凹み)は右房収縮での右房圧上昇によるもので、肺高血圧症や心房細動では消失する。ノッチ(凹み)が見られれば優位な肺高血圧症はないと判断される。

 

🍀先生からの補足🍀

左室拡張末期圧について。

ARがあれば、ARドップラー波形の右肩の値を血圧の下の値から引いたものが真の意味のEDP(end diastolic pressure左室拡張末期圧)になる。

常に違う方法でもそのデータは正しいのか?を気にして計測するように。

🍀🍀🍀🍀🍀🍀

 

 

 

次回は左室流出路速波形から1回拍出量(SV)を測定する。です🍀

よろしくお願いします(•ᵕᴗᵕ•)

 

 

勉強会で使用している教科書はこちら⇩

 

 

超音波検査(エコー検査) - らぴゅたった (rapyutatta.me)