らぴゅたった

解像度が低いエコー機械でも…

肝臓を引っ張るように描出された大腸癌

70歳代、男性。

38℃の発熱と右腹部痛にてエコー検査依頼

上行結腸の画像になります。

 


大腸がん 肝

肝内には嚢胞がいくつか見られましたが、転移などはありませんでした。

 

大腸の腫瘍は肝を引っ張ったように描出され、リンゴの実のようにみえる部位がありました。

高周波プローブで確認しましたが、はっきりとした連続は確認できませんでした( ´ㅁ` ;)

 

CTでも同様の所見が得られました。

OPEされた外科の先生に聞くと、肝臓とはくっついてなかったそうです。臓側腹膜を引っ張ってたのでしょうか??わかる方がいたら是非教えてください(•ᵕᴗᵕ•)

 

 

 

 

 大腸カメラ検査で、肉眼的には全周性の2型腫瘤と記載されていました。

大腸癌は見た目で0~5型に分類されます。(肉眼分類)

1型:隆起腫瘤型

   腫瘍の全体が塊状となり、大腸の内側に飛び出している

2型:潰瘍限局型

   腫瘍の中央が陥凹しており、周囲の組織と癌細胞の境界がはっきりしている

3型:潰瘍浸潤型

   2型よりも形状が崩れていて、正常な粘膜との境界がはっきりしない部分がある

4型:びまん浸潤型

   3型よりも癌が周囲に広がり境界がわからない(スキルス型)

5型:分類不能

 

深達度によるステージ分類とはまた違いますので、ごちゃごちゃにならないように。

 

病理では

・筋層をこえた浸潤

・漿膜表面には達していない

・筋間神経叢(しんけいそう)に浸潤

・静脈侵襲あり

と記載されてました。