らぴゅたった

解像度が低いエコー機械でも…

皮膚のふくらみ。できもの。皮下腫瘤。粉瘤のエコー画像。

コロナの予防接種、1回目をうちました(>_<。)

左腕に接種したのですが寝るときに左を下にして寝るのが好きなので寝返りで痛くて寝不足です(›´ω`‹ )

2回目接種した方々の話を見かけると自分の2回目が怖い。。。……(o_ _)o パタッ

 

 

さて今日は皮下腫瘤です🍀

私の施設では、皮膚科はもちろん内科、外科、整形、たまに小児科から

「ちょっとエコーで見て~。」とたまに依頼がある程度です笑

触診で場所を確認した後、病変の深さ(どの層なのか)、内部エコーの性状、辺縁の状態、後方エコー、血流の有無などについて観察してます。

 

youtu.be

 

 

粉瘤のエコー画像になります。

表皮~皮下脂肪層内に、内部が不均一な腫瘤を認めます。

内部の小石灰化にカラーがのって血流があるように見えちゃいました(  ˙-˙  )

アーチファクトと思います。

皮膚開口部は目視で黒く大きく、皮膚表面で石灰化様の反射が強く後方エコーが欠損してしまいました。

 

f:id:Rapyutatta:20210409145211j:plain

粉瘤

 

 

f:id:Rapyutatta:20210409145232j:plain

粉瘤

皮下腫瘤、いっぱい種類があってよくわかんない症例も多いです💦

たまに小さすぎて何も情報が得られないくらいの「虫刺されですか!!?」みたいなのもあります(:3_ヽ)_コテッ!

 

 

【表皮嚢腫(粉瘤)】

アテロームとも呼ばれています

表皮、毛包漏斗部由来の上皮成分が真皮内に陥入、増殖してできる嚢腫。

表皮との連続性があり、黒点状の開口部を認める。袋状の構造物で内部には角質や皮質が溜まり徐々に大きくなっていきます。

一部の症例ではヒトパピローマウイルスの感染や外傷が原因となることがあるそうですが大部分の原因は不明とのこと。

圧迫されることによる袋(壁)の破裂や、細菌などの二次感染により炎症を伴う場合は周囲に発赤や腫脹を生じ、炎症性粉瘤と言われています。約9割は圧迫による破裂が原因らしいです。なので炎症性粉瘤に抗生物質は効果がない時があります。背中やお尻は圧迫されることが多いので炎症性粉瘤になりやすいですね

 

 

 

皮下腫瘤の種類。。。。 

 

真皮・皮下組織には毛包、脂腺、汗腺の皮膚付属器があるため

皮膚付属器系腫瘍として⇩

 

毛包系

・表皮嚢腫(粉瘤)

・外毛根鞘嚢腫

・石灰化上皮腫

・毛芽腫

・悪性増殖性外毛根鞘腫

・基底細胞癌

・悪性石灰化上皮腫

脂腺系

・脂腺嚢腫

・脂腺癌

汗管系

・らせん腺腫

・皮膚混合腫瘍

・筋上皮腫

・汗孔腫

・汗孔癌

・粘液癌

・悪性混合腫瘍

・筋上皮癌

 

などがあるそうです。

 

真皮・皮下組織の結合織内には、繊維芽細胞、筋繊維芽細胞、血管・リンパ管を構成する細胞、平滑筋細胞、末梢神経を構成する細胞、脂肪細胞、血球系細胞が存在し、これらの細胞から軟部腫瘍が発生します。

間葉系腫瘍として⇩

 

線維性・線維組織球性腫瘍

・皮膚線維腫

・腱鞘巨細胞腫

・ケロイド

・隆起性皮膚線維肉腫

・線維肉腫

・粘液線維肉腫

・異型繊維黄色腫

 

脈管系腫瘍

血管腫

・リンパ管腫

・血管肉腫

・カポジ肉腫

 

脂肪・筋・骨・軟骨系腫瘍

・平滑筋腫

脂肪腫

・皮膚骨腫

・軟部組織軟骨腫

・平滑筋肉腫

・脂肪肉腫

・横紋筋肉腫

・骨外性骨肉腫

 

神経系腫瘍

・神経線維腫

神経鞘腫(

・神経周膜腫

・顆粒細胞腫

・悪性末梢神経鞘腫瘍

 

その他

・類上皮肉腫

・未分化多形細胞肉腫

 

などがあるそうです。

 

 

触診では、腫瘤の深さ、大きさ、形、表面の性状(平滑か凹凸)、硬さ、可動性、表皮真皮との連続性、圧痛の有無、などを確認する。

深さは真皮内?皮下組織?さらに深部の筋肉内?なのかを確認する。

大きさが3㎝を超え、表面が不整で周囲との癒着があり 可動性に乏しい時や、出血や潰瘍化を伴う時は悪性を疑う。 

 

 

 

www.rapyutatta.me

 

 

 

www.rapyutatta.me