らぴゅたった

解像度が低いエコー機械でも…

膵臓の周りにあるのは腹水ですか??と聞かれて。。腹部エコー検査。腹水。

検体検査の仕事をしてる時に、

エコー検査中の人から写真を見せられて、「この膵臓のまわりにあるのは腹水ですか?」と聞かれました。

一枚の写真だけで評価するのって難しいですよね💦忙しかったら、腹水でいいんじゃない?とか答えてそうですww

ここに溜まってると、他の場所にも沢山溜まってるから聞きに来ないか。。。笑

と思って、エコー室に一緒に入りました。

 

見せられたのはこの写真⇩

f:id:Rapyutatta:20200909164733j:plain

膵周囲の液体貯留?

 検査の依頼内容も確認する時間がなく、患者さん全体がどのような状況かわからないままプローブを握りました。

 

胃の拡張でした。。。笑

f:id:Rapyutatta:20200909164809j:plain

胃の拡張

連続性を確認したら胃とわかったのかな??壁構造が目についたら腸管と気が付いたかな??

動画、撮り忘れてしまいました💦(>_<。)

胃は著明に拡張し、少量の残渣物が見られます。

小腸は胃に比べるとそれほど拡張しておらず、よくみるイレウスの写真のような小腸の拡張所見は得られませんでした。

 

この方、外来で来られて、特になんの処置もしてないですが数時間後には気分不良は改善され外来帰宅されてました。

f:id:Rapyutatta:20200909164837j:plain

胃と小腸

たまに、写真や動画だけを見せられて意見を聞かれますが、やっぱり患者さんを直接検査することによる情報量にはかなわないなぁと🍀。同じ考える時間を費やすなら一緒に検査した方がいいと改めて感じた日でした✨*˙︶˙*)ノ♡(いやいつも思ってるか。。笑)

 

 

 

 

 

腹水には滲出液と濾出液があります。

滲出液

腹腔内の炎症・出血・悪性腫瘍などにより、局所の血管透過性が亢進し、毛細血管から組織内に漏れ出た血漿成分

 

濾出液

肝硬変や腎不全に伴う低蛋白血症や、循環障害などで溜まる非炎症性の液体

 

腹水を見かけた時に、炎症がない胆嚢で壁が肥厚してなければ、腹水は癌性腹膜炎による可能性が高く。胆嚢壁が肥厚していれば、濾出性のもの(肝硬変や低蛋白血症)と考えられます。

 

腹水が癌性腹膜炎にもかかわらず胆嚢壁が肥厚する場合は、悪質液による低蛋白血症や肝十二指腸間膜内リンパ節(No12)転移が考えられます。

 

 

腹水の推定方法は

(60㎏の成人を基本として)

A:モリソン窩

B:脾腎境界面

C:ダグラス窩(膀胱直腸窩)

DE:両側傍結腸窩

の腹水を計測して

A+B+C+D+E÷5

をすれば推定量になります。

50㎏くらいの人なら、50㎏/60㎏ で合わせます。

 

 

また別の方法として、仰臥位で体重50㎏の人での推定

①:モリソン窩と脾腎境界面のみ・・・150ml

②:①+ダグラス窩または膀胱上窩のみ・・・400ml

③:②+左横隔膜下腔のみ・・・600ml

④:③+両側傍結腸窩のみ・・・800ml

⑤:④+右横隔膜下腔(腹水の厚み0.5㎝)・・・1000ml

          (腹水の厚み1㎝)・・・1500ml

          (腹水の厚み1.5㎝)・・・2000ml

          (腹水の厚み2.0㎝)・・・3000ml  

をエコーで推定することができます。

 

 

 

肩や腕が痛い。胃が痛い。嘔吐。胸の痛み??

台風10号。。通過しました。皆様のお住まいの地域は大きな被害はありませんでしたか??

うちも初めて自宅の窓に養生テープを貼りました。

最接近の時は風がやばいぐらいすごかったですが、終わってみれば庭の木も無事で、先週通過した9号の時よりも被害が少なかったです。

一人暮らしの方は不安な一夜を過ごされたかと思います。

 

さて今回は一人暮らし中の身内のお話し。

少し認知があるので、お風呂やご飯は近くに住んでるのでお手伝いするような感じで生活してました。

バナナジュースが大好きで、毎日飲んでたので糖尿病を心配されてました。

ある日、仕事中の私のもとへ母から電話が

「おばちゃんがね、具合が悪いから病院に行きたいと言うて電話してきたの」

「病院行くの嫌いな人が、病院に連れてってと言うのだから連れていってあげて」

と私が答えると、母は

「お腹の調子が悪いみたいで、気分が悪いって。何かの薬を飲んだらしいけど吐いたって言ってって。。ほら、薬の期限切れとかになってたり、昨日変なものを食べたからじゃないかなって思うのだけれども。。

背中のほうも痛いって言ってるけど、胃が痛かったら背中も痛くなるじゃない?」

「下痢は??」

「してないと思うけど。。本人に会ってみないとわからないねぇ。。」

「じゃぁ、まぁ、とりあえず連れてきてー。」

 

頃合いをみて病院の受付の行くと、ちょうど到着して私と目があいました。

近寄って話しかけると元気そうに

「あんたの仕事姿をみると、ホットしたわ~。やっぱり、普段みてるのとちがうなぁ~。。」と

 

母は「迎えに行ったときは顔色も悪くって、心配してたけど、今だいぶ良くなってるみたい。」と私に言いました。

 

「車椅子、乗っていこうか。」と言うと

「いやいや、歩いていくわ。」と。

小柄な体で、杖をつきながらゆっくり歩いて待合室まで行きました。

 

「歩ける元気があるのなら大丈夫かねー。どこの具合が悪いのー??」

 

問診票に記入しながら話を聞いていくと

胃の場所に手をあてて「なんかなぁ、ここのへんが気持ち悪いというか痛いんじゃ~。そして肩も腕もなんとなーくだるいんじゃ~。」と。。。

「今は吐き気はない??下痢は??」

「ないよ~。」

「そかそか。ちょっとここに座って待っててね。」

 

待合室に座らせ、診察の受付の看護師に理由を説明し、循環器のDrに診察をお願いしました。

待ち時間の間、検査室に戻って通常の業務をしていると

""ピンポーン""

院内放送が耳に入ってきました

""ハリードクター・ハリードクター・救急外来まで""

 

救急外来へ駆けつけると、部屋の前で母が

「なんかね。座ってたら急に苦しそうにしてね、そのまま横に倒れてしまって。。。」

 

中に入るとDrと大勢の看護師が処置に当たってました。

心臓マッサージも施され、点滴ルートからは強心剤などの注射が。。

Drが腹部用のエコーで心臓を確認しながら、「心筋梗塞やねー。」

後ろから画像を一緒に見ていましたが、左室はほとんど動いていませんでした。

 

数分様子を見てましたが、かわりなく。。「先生ありがとうございます。」と告げて、駆けつけた身内にDrのほうから報告してもらいました。

すぐに受け止められず、モニターが少し動いてるのを見て叔父が「まだ心臓は動いてるんですか??」と。。。

またDrのほうからやんわりと説明をうけ納得していました。

 

 

心筋梗塞の自覚症状は当然のことながら知ってますが、説明された内容をしっかり受け止め、違った角度からも考えないと疑うことは難しいと感じました。

皆さんも今一度、大切な人への毎日の体調の変化などを訪ね早期発見をしてあげてください。

 

 

【急性心筋梗塞

心臓の筋肉に酸素と栄養を供給するための冠動脈と呼ばれる血管が詰まることによって発症します。

症状は

・胸の痛み

・冷や汗・意識消失

・30分以上発作が続く・安静や投薬で改善しない

などがあります。

胸痛が起こる前の初期症状として

・胸部・左肩・左腕の違和感

・胃の痛み(心臓が横隔膜を隔て胃と接しているため)

・労作時の息切れ

などです。

 

放置せず、一度循環器内科へ受診して相談されてください。

 

健康診断で肝機能異常。AST(GOT)・ALT(GPT)・ɤ-GTPが高い。脂肪肝??

よくお友達から相談される内容なのですが。。。

「健康診断で肝臓の数値が高いと言われて気になる。」

といった話を、医療従事者なら一度は相談されたことがありませんか??

ASTよりもややALTの方が高く、ɤ-GTPも高い。。。

でも2桁で、3桁までの上昇ではない。。みたいなw

 

今回の画像は採血の結果が

AST  24

ALT  35

ɤ-GTP 55

くらいの上昇の方になります。

 

 


脂肪肝

 

肝臓のエコーレベルは上昇し、胆嚢の周囲の肝は限局性低脂肪化域と思われる低エコー域が見られます。

f:id:Rapyutatta:20200831162705j:plain

胆嚢周囲の肝

 

脂肪肝と言えば、肝腎コントラスト✨

f:id:Rapyutatta:20200831162636j:plain

肝腎コントラスト

脂肪滴により輝度の上昇した肝臓が、脂肪化してない腎臓実質と比較し、コントラストが認められるかどうかになります。

肝腎境界の高エコー帯の消失も脂肪肝の所見です。

 

肝脾コントラストもありますよね🍀

通常、肝実質のエコーレベルは脾実質とほぼ同等で、腎実質のエコーレベルが上昇してる場合は肝脾コントラストが有用と言われています。(脾腎コントラストを確認し脾腎間に輝度差がない場合に肝腎コントラストを評価することが望ましい)

 

 

見てみました⇩わかりにくっ💦

(左が脾臓で、右が肝臓です)

ほんの少しだけ肝の方が明るい。。。?笑

f:id:Rapyutatta:20200831162731j:plain

肝脾腎コントラスト

 

慢性肝炎も同じように肝のエコー輝度が上昇します。

 

脂肪肝:組織学的に肝小葉を構成する肝細胞の30%以上に脂肪化が認められる病態。

現在のNAFLDでは5%以上の肝細胞に脂肪滴を認めるものを脂肪変性と定義しています。

 

 

脂肪組織は超音波による反射・散乱が強いため肝実質のエコー輝度が上昇し、下方へ超音波が届かず減衰する。脾腫は認めない。リンパ節腫大は認めない。

 

 

    

慢性肝炎:門脈域を中心とした肝の炎症が6カ月以上続く疾患。肝炎ウイルスの持続的感染によって生じる。

 

門脈域への炎症細胞の浸潤や門脈域の拡大を伴う線維化、肝細胞の変性などにより組織構築が乱れ、肝全体に軽度の超音波の錯乱や減衰が生じ実質エコー輝度が上昇する。エコーの深部減衰は認めないそうです。

脾腫を認める(脾臓はリンパ網内系組織であるため、免疫反応を活発にする炎症性疾患が起こるとそれに反応して腫大する)

リンパ節腫大が見られる。(慢性肝炎は門脈域への炎症細胞の浸潤を認めるため、門脈域のリンパ節が腫大する)

 

 

 それから、こんな事も言われますよね🍀

 

今日、健康診断だったから、昨日はお酒を飲まなかった(。・ω´・。)ドヤッ

アルコールの摂取の影響で上昇するのが ɤ-GTPです。

ɤ-GTP半減期は10日ほどですので、禁酒するなら数日しないと数字の低下は望めません。アルコール常飲者では約1カ月(28日)ほどかかるそうです。

 

飲酒の影響でASTがALTに比べ増えやすくなるのは、ビタミンB6が不足しALTの活性が落ちるので相対的にASTが上昇するからと言われています。

 

脂肪肝が気になったら、生活習慣を改善して食生活とアルコール飲料との上手なお付き合いが重要ですね(*´∀`*)

 

 

 

 

 

 

 

 

微熱が続く。コロナかも?発熱外来受診。歯茎からの出血。あざ。白血病かも

新型コロナ、COVID-19の流行のため病院では発熱外来を設け対応しています。

今回、発熱外来に30代の方が来院されました。来院時の体温は37.4℃。

一か月前より微熱が続き、2週間前から紫斑。歯茎からの出血が目立つようになってきたとの事。

外来にて採血、採血結果では白血球が2000/μLと減少。ヘモグロビン10.7と貧血ぎみ。血小板は1.6万/μLと著明な減少が見られました。

白血球分類の依頼はありませんでしたが、目視で確認しました。

白血球自体が少ないので、多くは観察できませんでしたが全体的に異型リンパ球はチラホラ見られ、柔らかい細胞があるイメージでした。他の臨床検査技師とも一緒に確認しましたが明らかな芽球は見られず、Drにも血液内科に紹介した方がよさそうですが、原因は不明でした💦と話しました。

 

紹介先からAPL(急性前骨髄性白血病)との報告でした。

 

 

急性前骨髄性白血病(APL)

急性骨髄性白血病(AML)の一種で、AMLの約10%を占めると言われています。

30~50歳代に多い。

FAB分類ではM3

特徴的な染色体転座t(15;17)(q22;q12)

PML-RARAが形成されることにより、血球分化が前骨髄球の段階で停止する。

 

病状の進行が速いため急に症状が出現する場合が多く、早期の診断と速やかな治療開始が重要です。

 

前骨髄球はトロンボプラスチンという血液の凝固に関連する物質と似た性質を持っているため、他の急性白血病に比べ非常に出血を起こしやすい特徴があります。

 

DIC(播種性血管内凝固症候群)を起こしやすいので凝固検査で評価します。

 

APLの治療成績は、ATRA(オールトランス型レチノイン酸)が導入されてから飛躍的に向上したそうです。レチノイン酸は活性化ビタミンAで 他の抗白血病薬のような強い毒性もなく患者さんに与える苦痛が少ないそうです。
 
末梢血では汎血球減少を示す例が多い。
末消血液中にアウエル小体を有する特徴的なファゴット細胞がみられることもある。
 

f:id:Rapyutatta:20200825082837j:plain

アウエル小体➡

 

再度、末梢血液像を見直しましたが、発見できませんでした

標本を数枚つくっておけば良かったなぁと思ってます💦

私たちのような小さな病院では診断まで出来ないことが多くありますが、適切な判断での他院紹介ができるように知識を増やしていかなければと思います。

 
 
 

唾液検体を用いて、2019-nCoV(新型コロナウイルス)検査

3月から新型コロナのPCR検査を提出しはじめて昨日までに56件のPCR検査を提出してきました。

 

いまだ陽性なし。。。

 

ここ一週間、唾液検体での提出が多くなってきました。

 

車内で待機してもらってる患者さんに、自分で採取してもらえ、鼻腔から医師が採取しなくても良いのがメリットでしょうか。。

 

唾液を用いたPCR検査が可能とされているのは、発症から9日以内の方、及び無症状者になっています。

 

唾液と鼻咽頭ぬぐい液のPCR検査は高い一致率が確認されたので、今後も唾液での検査が広く活用されますね🌸

 

採取容器は50mlの遠沈管を使ってます。1mlを採取してもらい提出してます。

飲食後やうがい後は10分以上空けてからの採取をお願いしています。

 

採取後は冷蔵庫で保管して検査センターへ提出。今のところ、夕方5時ごろに集配されると夜の11時前には結果がでます。

 

病院近くの飲食店では、陽性患者さんが出たため閉まってるところがありますが、まだこちらの病院では陽性がでてないです。いつ陽性がでてもおかしくはない状況なんですが💦

 

検体提出とともに、保健所に患者調査票をFAXしないといけないんですけど、検体採取日時・患者情報・妊娠や喫煙の有無・検査に至った経過詳細などなど、これらを記入するのに時間がかかり他の業務ができない状態になります。最近業務終了間際は毎日のようにワタワタして終わってますww

検査提出が増えていくと、この用紙を記入することが大きな負担になること間違いなし💦

 

 

エコー検査で腎周囲の液体貯留。

エコーしてる時って、無意識に体に力を入れて検査してる時がありますw

ふと我にかえると、あいたたたたた💦ってなるときがありませんか?笑

特に心エコー。たまにすごく変な体制で検査してしまい、体が痛くなります(*ノД`*)タハッ

いつもリラックスして検査できるようになれば、肩とか腕とか腰とか痛くならずに検査できるのに。。。🍵

 

今回は腎周囲の液体貯留のエコー動画です⇩


腎周囲液体貯留

 

 

 

尿管移行部の結石嵌頓で、水腎症が見られます。

腎周囲には液体貯留を認めます。

体表に近い時は、プローブを高周波に持ち替えて描出してます。コンベックスプローブの時と印象が変わらない時もありますが、思ってた雰囲気と違うことに気が付ける事もあります🍀

ただただ興味があって拡大してるだけの時の方が多いですけど💦心エコーでは心尖部に血栓があった時なども高周波プローブで見てしまいます🐣

 

あ。動画の話に戻りますww

尿の自然上部尿路外溢流腎盂内圧の急激な上昇に対して尿が腎盂外に溢流するもので、解剖学的に最も弱い部位である腎杯円蓋部に微細な亀裂が生じて尿が腎盂外に流出すると言われています。

原因としては尿路結石が最も多いものの、尿路腫瘍や尿路閉塞疾患に合併する場合もあるそうです。

 

定義が書かれてました⇩

・尿管への器械的操作をうけていない

・外科的手術を受けていない

・外傷の既往がない

・破壊的腎病巣がない

・体外からの尿管圧迫がない

腎盂、尿管の圧迫壊死がない

 

治療法としては、良性の場合は保存的治療で治癒する場合もあるそうですが、積極的に内圧を下げるため尿管ステントの挿入や、経皮的腎瘻造設が行われることの方が多いそうです。

 

 

 

他、腎周囲に無~低エコー領域が見られる病態は

・円蓋部とは異なる部位が破裂する➡自然腎盂破裂

腎被膜下血腫

 腎実質と腎被膜の間に生じる血腫。外傷・腎生検・腎腫瘍などからの出血

 

腎周囲偽性嚢胞・尿嚢腫(ユリノーマ)

 尿が腎外に溢流し貯留、被包化されたもの。

 流出した尿は腎周囲脂肪組織を48時間~5日以内で脂肪融解を起こし、

 1~2週間で周囲組織の線維増生により被膜を生じ尿嚢腫が形成される。

 外傷・手術・尿路結石・尿路腫瘍などが原因。

 なんか猫の病気でよく聞きますよね。

 

コロナで勉強会になかなか参加できないですが、モチベ維持して明日からも頑張りましょう~*˙︶˙*)ノ❤

 

f:id:Rapyutatta:20200722163126j:plain

腎盂拡張

 

 

 

 

肝臓を引っ張るように描出された大腸癌

70歳代、男性。

38℃の発熱と右腹部痛にてエコー検査依頼

上行結腸の画像になります。

 


大腸がん 肝

肝内には嚢胞がいくつか見られましたが、転移などはありませんでした。

 

大腸の腫瘍は肝を引っ張ったように描出され、リンゴの実のようにみえる部位がありました。

高周波プローブで確認しましたが、はっきりとした連続は確認できませんでした( ´ㅁ` ;)

 

CTでも同様の所見が得られました。

OPEされた外科の先生に聞くと、肝臓とはくっついてなかったそうです。臓側腹膜を引っ張ってたのでしょうか??わかる方がいたら是非教えてください(•ᵕᴗᵕ•)

 

 

 

 

 大腸カメラ検査で、肉眼的には全周性の2型腫瘤と記載されていました。

大腸癌は見た目で0~5型に分類されます。(肉眼分類)

1型:隆起腫瘤型

   腫瘍の全体が塊状となり、大腸の内側に飛び出している

2型:潰瘍限局型

   腫瘍の中央が陥凹しており、周囲の組織と癌細胞の境界がはっきりしている

3型:潰瘍浸潤型

   2型よりも形状が崩れていて、正常な粘膜との境界がはっきりしない部分がある

4型:びまん浸潤型

   3型よりも癌が周囲に広がり境界がわからない(スキルス型)

5型:分類不能

 

深達度によるステージ分類とはまた違いますので、ごちゃごちゃにならないように。

 

病理では

・筋層をこえた浸潤

・漿膜表面には達していない

・筋間神経叢(しんけいそう)に浸潤

・静脈侵襲あり

と記載されてました。